塾長プロフィール・ご挨拶

遠藤英夫のプロフィール

1972年西脇市生まれ 西脇高校卒・神戸大学工学部、大学院卒
鉄道会社に7年間勤務した後、三木市の個別指導学習塾に転職
2010年3月まで6年間、小学生から高校生まで数英を中心に100人以上の生徒を指導。

講師が教え込むのではなく、生徒が汗をかく自立学習に力をいれた指導を常に心掛けています。ペガサスは、自立学習実現に最適の教材と確信しています。

ご挨拶

はじめまして。塾長の遠藤です。
6年間でいろいろな生徒に出会いました。宿題をまったくしない子、きちんとしてくる子、理解の早い子もいれば、そうでない子もいます。十人十色どころではありません。
「どこが分かってないのだろう」、「この問題ならできるはずだ」、「ここはしっかり点を取ってよ」と、その子に合わせて指導をしてきました。

思考錯誤もありました。一生懸命に教えても、翌週になると、すっかり忘れている子もいます。「分かった」という言葉は、「分かったつもり」がとても多いことを知りました。

教えるだけでは駄目だ、もっと子供たちに考えてもらわなければと指導方法を変えていきました。自分に当てはめてみても苦労して調べて、考えたものはなかなか忘れません。自分で考える自立学習がとても大切ですね。

文字式の計算ができなかった子ができるようになったり、「先生、テストできたで!」と聞いたりすると、とても嬉しくなります。
先日の学年末テストでも、点数を取れず苦労していた生徒が平均点近い点を取りました。その時の笑顔が私のエネルギー源になっています。

最も嬉しいのは、「〇〇高に合格しました」と言う連絡をもらったときです。
今年も推薦入試に合格したと報告の電話をいただきましたが、声の弾み具合から電話の向こうで喜んでいる顔が想像できてこちらまで嬉しくなりました。

来年も再来年もその喜びの声を今度は西脇の皆さんから聞きたいと思っています。

私は高3の時に担任の先生から「受験は強気や。あかんかったら、あかんかった時のことや」と叱咤され、某国立大学を第一志望に毎日、勉強をしました。センター試験で思っていたほど点が取れず第一志望どころか、神戸大学も怪しい点数でしたが、駄目で元々やと開き直ったのが良かったのか、なんとか神戸大学に合格できました。いまでも先生に感謝しています。

目標は大きく、努力をする前からあきらめたらアカンと言うことを教えていただきました。努力は、受験に限らず、社会に出て仕事をするようになってからもとても大切なことですね。努力は報われます。誰も見ていないようで誰かは見ています。少なくとも自分は努力したかどうかを知っています。

ペガサス西脇教室では、目標を持つことの大切さ、そして目標実現に向けた努力の大切さも伝えていきたいと思っています。

ペガサスを体験してみませんか。ぜひ、一度教室へお越し下さい。

趣味・特技
阪神タイガースの応援 甲子園球場では、教室とはまったくの別人になる。
城巡り これまで全国50箇所以上の城・城跡を訪問しました。好きな武将は武田信玄かな。
写真は昨年、会津若松を訪れた時のものです。
読書 週末はよく西脇市の図書館に通っています。好きなジャンルは歴史小説。
HP制作 教室のHPは塾長の自作(画像は本部からの提供ですが・・・)
好きな番組 吉本新喜劇 勉強だけでなく息抜きのお笑いも大切ですね!

資格
第3種電気主任技術者・基本情報処理・甲種動力者運転免許(電車)